ワーキングホリデーでオーストラリアに行く前に、目標設定をしっかりと!

オーストラリアへのワーキングホリデーを決めた動機は、英語を堪能にしたいとか海外生活をしてみたい、経験値を増やしたい、等様々でしょう。

こういった動機を更に細かく分析し、目標設定をすれば、その後の計画も大幅に変化します。

目標設定は非常に重要なポイントです。

目標設定、といってもどうすればいいのか分からない方もいるかもしれません。

オーストラリアにワーキングホリデーに行ってしたい事は何なのかを具体化して突き詰めてみて下さい。

そうするとやるべき事がクリアーになってきます。

例を挙げると、まず英会話ができるようになる、そのレベルは日常の生活程度なのか、仕事上でも使えるのか。

そしてそれが仕事上でも使える位のレベルにしたいなら、オーストラリアの会社で使ってもらえるように日本である程度は勉強しておこう。

またワーホリ中では英語を話す事と聞く事に重点を置いて学んだり、外国のお友達を少なくとも○○人作る事を頑張ろう!と、いう感じです。

そうしておけば、どのタイミングで語学の学校に通うかとかどういったカリキュラムがある学校を選ぶかが明確になってきますね。

せっかくAICの様なエージェントに依頼したのにワーホリの1年間を無駄に過ごしては勿体ないですし、行こうと決意した日から日本に帰ってくるまでとか帰ってきた後までのプラン計画を練っておくことが大切です。

当然行ってみて色々あるので、プラン通りに事が運ばない事もあるのも現実です。

十分学ぶのもアリ、思う存分遊ぶのもアリ。

何はともあれ帰ってきた後に、ご自身が納得できる時間と経験だったと思えるよう目標達成する事が、価値や意味のあるワーキングホリデーにするために重要になると思います。

Comments are closed.