のぼりで使われる生地について

のぼり旗の生地にはいくつかの種類があります。

それぞれの生地の特徴を知り、どの生地で作ったのぼりが良いか、予算や使い道に合わせて選ぶようにしましょう。

のぼりでよく使われる生地をご紹介しておきます。

★一番使われている生地は

のぼりの生地で一番使われているのは、テトロンポンジです。

ポリエステル100%の生地で、のぼりの約9割はこの生地が使われています。

軽くて薄く、しなやかなのが特徴です。

のぼり制作会社では、ほとんどがこの生地を中心に使っているようです。

値段が安いのも特徴です。

★その他の生地は

テトロンポンジよりも厚みがあって、丈夫でしなやかなのがトロマットという生地です。

布目もあるので印刷がマットな仕上がりになります。

折じわがつきにくいのが特徴なので、のぼりの他に横断幕や懸垂幕にも使われています。

★どの生地を使っているか確認を

インターネットでのぼりを注文する時は、いくつかののぼり制作会社を比較するかと思います。

その際、のぼりはどんな生地を使っているかというのも確認しておきましょう。

ほとんどの会社では「当社で使っている生地は〇〇です」というように紹介しています。

のぼりにはのぼりに合った生地を使っているか、料金は妥当かなどもきちんと確認してから注文するようにしましょう。

会社によっては、生地見本を送ってくれるところもあるので、依頼してみると良いですね。

自分の目で確かめられるのでおすすめです。

コメントは受け付けていません。