はっ水性、防炎性のあるのぼり

のぼりを長い間使うためであるとか、屋内で使うので安全性の高いものにしたいという場合に効果的な加工方法があります。

使う場所によっては加工した方が良いので、どんな加工があるのかを知っておきましょう。

★はっ水加工で長持ち

屋外のイベントで長期間のぼりを設置したままにしなければならない、数が多いので閉店時に店内に片付けていられないというような場合だとどうしても汚れや雨にさらされてしまいます。

それを防ぐために、防水加工をしておくと良いです。

はっ水加工をしておけば、水や油、汚れを防ぎますから、通常約3か月と言われているのぼりの寿命がより長くなります。

★防炎加工で安心

屋内イベントや病院、宿泊施設などで使われるのぼりには、防炎加工をしたものがおすすめです。

屋外設置でも、ガソリンスタンドなど火気厳禁のところでは、防炎加工をしたものを使った方が良いです。

のぼりはたいてい並べて設置しますから、万が一火が出た時防炎加工をしていなかったらのぼりからのぼりへと火が広がる恐れがあります。

使用する場所によっては、防炎加工をしていないと使えないこともあるので注意が必要です。

★加工料金が必要

はっ水加工、防炎加工ともに別途加工料金が必要となります。

料金はのぼり制作会社によって違いますから、見積もりなどを出してもらうと良いでしょう。

また、会社によってははっ水加工を行っていないところもありますので、確認してから依頼するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。